梅雨時期の足の臭いの原因と対策

足の臭いが気になる季節は梅雨時期です。足の臭いの一番の原因はムレです。湿度が高くなると角質などを餌に雑菌が繁殖して独特な臭いとなります。足裏は汗をコップ1杯分角と言われます。梅雨時期になると湿度が高くなり、靴がムレることが多く、雑菌が繁殖しやすい条件が整ってきます。梅雨時期は足だけでなく靴も方も対策をする必要があります。その対策を簡単に紹介します。

http://milight.sub.jp/

 まずは、足に雑菌が繁殖しない状態にすることです。足を洗い清潔にすることはもちろんですが、角質のケアも重要です。雑菌に餌を与えない様にスムーザーで角質を落とします。ただし強く擦ると角質が厚くなり逆効果となるので注意しましょう。

 次が靴についてです。毎日同じ靴を履き続けると湿気が抜けず、悪臭を招く原因になります。一度はいた靴は2日程度陰干ししましょう。靴は3足のローテーションが望ましいと言われています。

 次が靴下です。通気性や吸湿性の良い素材を選びましょう。速乾性に優れた機能性繊維を使った靴下や足裏だけ吸湿性の高い素材の物を選んだ方が良いでしょう。

 次が足の疲労感の軽減です。足がむくんでいる時は、足が臭いがちです。血行が悪くなると疲労物質のアンモニア臭が足に溜まり、汗として出ることで臭います。足の血行を良くして疲労を軽減することがポイントです。

以上が梅雨時期の足の臭いの原因と対策です。