樹木に囲まれてリフレッシュ

世の中ストレスだらけですよね。接客業を営んでおりますが、お客様からのストレス・スタッフからのストレス・本社からのストレスなど四六時中ストレスと向き合わなければいけません。以前はカラオケで大声張り上げて発散という手を使っていましたが、コロナの影響で二の足を踏むように(それもストレス)。代わりに自宅の狭い部屋で熱唱しようものなら隣人からクレームが入る始末です。

http://www.cyberdvdfilm.com/

こうした抑圧を少しでも解消させるために、今まで出不精だった私が外に出て散歩をするようになりました。今年の春先はコロナ第一波で、外を歩くのも危険かのような状況でしたよね。今では人通りのないところを歩く分には感染を気にする必要もないようですから(もちろんマスクはしますが)その点は気兼ねなく出歩いています。最初のうちは仕事の休憩時間や業務終了後に近くの界隈を歩いていました。音楽を聴きながら暗い夜道の中人通りもなく明かりの消えたオフィスビルの間をのんびり歩くのも、なかなか雰囲気がよく気持ちのいいものです。それからしばらく経ってから「たまには緑のあるところを歩いてみよう」と思い、職場の近くにある公園を歩くようになりました。

癒されますよね、やっぱり自然はいい。空気のにおいが違うし、広々とした公園の解放感で気分もすっきりします。公園を歩くときはイヤホンを外して自然の音を耳に入れるようにします。風にそよぐ木々の葉の音も好きですし、まったく音のない静寂も十分幸せな気分にしてくれます。この公園の外側には小さな小川があって、段差を欠け落ちる水の音、岩々の隙間を流れていく穏やかでこそばゆい音を楽しむこともできるのです。ふだん仕事ばかりの生活をしていると、水の流れる音を聞く機会なんてほとんどなかったからとても心地よく耳に響いてくれるのです。

散歩中は仕事のストレスを思い出すことがありません。別の人生を歩んでいるような時間を楽しんでいます。