未来の自分の肌のために徹底していること

母親や先輩から「今手入れを怠ると30代になって後悔するよ…」とよく言われていたのを覚えています。今や私も35歳。その言葉が身に染みています。

10代の頃はニキビ肌、20代の頃はたいして肌のことは気にもせず化粧も落とさず寝ていました。そのツケが今出てきているのなと感じています。30代になり肌のハリ、透明感、キメ細やかさがなくなってきたなとしみじみ思います。

ロザリティウォータリーマスクの本音口コミ!効果やネット上の評判から解約方法まで完全レポート!

今からでも遅くないと、老化防止のために日々の手入れを頑張ろうと決心しました。まずは自分でできることとして、3つは徹底して毎日行っています。1つめは、「丁寧な洗顔」です。使用するメイク落としや洗顔料の差もあるかもしれませんが、丁寧に汚れを落とすことが肌の悩みを解決する第一段階だと実感しています。メイクをしているか否かに関わらず、必ずメイク落としで毛穴の汚れを浮かせきったうえで、上質な泡で汚れを落とし切ることに徹しています。洗顔だけで肌のトーンが格段に変わります。洗顔で欠かせないのが上質な泡を作ることです。そのために泡をつくる“良い洗顔ネット”の購入をお勧めします。まず100均などの洗顔ネットでは全くダメです!

2つ目に、「朝晩のパック」です。乾燥は肌の天敵です。洗顔後のパック、保湿で随分肌質も柔らかく変化してきました。徹底した保湿はハリ、しわ、たるみの悩みを軽減してくれます。3つ目に、「紫外線防止」です。以前までたいして紫外線を気にしていませんでした。紫外線を浴びたつづけた肌と予防をしていた肌の違いをサイトで見る機会があり、その違いに愕然としました。それがきっかけで、今では念入りに紫外線防止を行っています。直接肌に塗る日焼け止めだけでなく、極力紫外線が当たらないように心がけています。

今も自分の肌質に自信は全くありませんが、5年後10年後にさらに悩まなくて済むように当たり前の3つのお手入れを大事にしています。最終的には60歳以降に肌につやのある女性でいたいというのが今の私の願いです。