コロナ禍で気が付いた自分の口臭

僕は大学2年生の20歳だ。しかし、僕は生まれつき子供の時からなぜか友達か「口が臭い」と言われ続けていました。僕自身毎日歯磨き粉を付けて歯をしっかり磨いているのになぜそういわれてしまうのかが分からない。しかし、子どもの時は子供は素直ということもあったのか「口が臭い」と言われ続けていました。

http://coy-dreamer.com/

しかし、大人になるにつれて周りの人も気を遣うようになったのか直接「口が臭い」と言われることは無くなりました。そのため僕自身も口臭を気にする機会は減ってきていました。

しかし、最近のコロナ禍でマスクをつけるようになって吐息がマスクに反射して匂うようになったせいで改めて自分の口の臭さに気が付きました。その匂いは生ごみのような香りがして毎日この状態で出歩いたり友達と話したりしたと考えると寒気がしました。

このままではいけないと思いネットで口臭予防の方法を調べたところ、口臭の原因は舌という事が分かった。自分の舌を見てみると自分の舌が白い粘膜のような物がくっついていることが分かった。それは舌苔といい匂いの原因であることが分かった。その舌苔を取り除くために僕は毎日歯磨きの後につまようじを使って舌を軽くなぞるように掃除している。

そうすると舌苔が取れて綺麗なピンク色の舌になるようになった。舌苔ケアを行うようになってから口臭を気にすることはなくなった。口臭が気になる人は舌についている白い舌苔を取ってみてはいかがだろうか?