ネット回線の契約は、プランも内容も複雑!

コロナ禍により、自宅でリモートで仕事や作業をすることが増え、新たにネット回線を契約することにしました。

ドコモ光への乗り換え・切り替え方法を徹底解説!光回線のお得な変更方法は?

今までは、携帯の回線のみだったので、初めてのネット回線の契約でした。携帯会社でも最近では格安携帯会社などさまざまあるように、ネット会社もたくさんあり、どこで契約するべきか迷いました。しかし、現在使っている携帯会社と同じ会社で揃えた方が割引などが適用される会社がほとんどでしたので、携帯と同じキャリアのネット回線で契約することにしました。

最近では、格安携帯会社などのプランは、シンプルでわかりやすくなっているのに対し、ネット回線のプランは複雑で、料金体系もややこしい、というのが1番の不満でした。

ネット回線本体端末の料金、プランの月額料金、工事代金、サービスに付随するオプション料金などが追加で発生してきて、当初の想定よりも月額料金が高くなってしました。しかし、仕事のこともありますので、早めに契約せねばならず、工事まで進めました。

契約期間についても、長期の縛りがあり、それに満たない期間での解約はかなり高い解約料金が発生しますし、撤去工事代などが追加でかかるようです。格安携帯会社のように、ネット回線の契約についても、単純明快なプランであまり難しく考えずに契約できるようになってほしいです。

一人暮らしの方必見!簡単に接続できるインターネット回線選び 

パソコン、携帯電話などモバイル機器の普及でインターネット回線を増えてきています。ぷららの評判

一人暮らしの場合、光回線は工事費用もかかるので、もう少し簡単に使える回線はどれが良いのか悩んでいる方に2つの回線のメリットとデメリットを紹介します。

1.ホームルーター

 メリット

・光インターネットと違い工事が不要

  ・コンセントに差し込み、設定をするとすぐに使える

・転勤が多い方は引っ越し先でもすぐに使える

・マンション住まい、工事をしたくない方にお勧め

  デメリット

    ・外出先では使えない

・家の中だけで使用

    ・通信速度が光回線より劣る

2.モバイルルーター

メリット

  ・外出先でも使うことができる

  ・持ち運びが簡単

  ・ルーター端末1つでスマホやパソコンにつなぐことができる

デメリット

  ・電池で稼働しているので、稼働時間に制限がある

  ・ルーターにより容量制限がある

  ・通信速度が光回線より劣る

 

今回は簡単に接続できるインターネット回線で、

1.ホームルーター

2.モバイルルーター

2つの回線のメリット、デメリットを紹介しました。どちらも簡単に接続できますが、機種により機能が全く違ってきます。

例えば、家の中だけでインターネットを使う方は、ホームルーターでもいいと思いますが、仕事で外出の使用が多い方はモバイルルーターを使うというように、使用目的で

機種を選ぶと良いでしょう。

回線速度は足りてるの 問題は宅内・・・

宅は光回線で、電話とネットのみなのですが、wifiで宅内の電波の飛ばし方に悩んでます。2階に終端装置がありその付近にwifiの親機もあるのですが、電源のコンセントの事情によりwifi親機の置ける位置が絞られてしまいます。

http://www.bretagne-irlande.org/

なるべく一階にも飛ばせなきゃ と試行錯誤しております。とりあえず試してみたこと、ブースター:木造だからか二階だからか(多分両方が原因)で宅の状況では効果なしと却下 ブリッジ:当時使ってたwifiの親機にも使える子機(親と有線でつなぎ電波の距離を伸ばすとされる)をつなごうか?と考えたのですが、電波状況は改善するけどそこまで要るか?となり却下 ここから導き出した現実的な選択肢が、①出力の大きいwifiの親機に買い換えるべきか、

②電源コードの制限を解除して電波の流れを改善するのが賢いのか悩みはそこまでは絞り込めました。理想は1と2を合体させたアイデアです。LANケーブルは交換終わりました。最大1m弱は移動できそうです。

あとは、電源コードの問題を解決したら、既存のwifi親機で動かせれるようになります。でも今更なのですが、あれこれやってるうちに気がついたのですが、今のwifi親機そもそも出力控えめな機種だったのかも?と思えてきたのです。難しいなぁwifiってと思いました。