白髪染めデビューは難しい!?

前髪に生えた一本の白髪を、複数の黒い髪の毛からチョイスして抜く!という時期は遥か昔の事です。悲しい事に現在では目立つ白髪を全部抜いたら円形脱毛症に見られるのでは?と思う程で、なかなかに目立つようになってきました。最初は知的に見られるかなと思っていたのですが、増えてきてからはそうでもない事に気づいてきました、むしろ少し不潔に思われてしまっていそうです。

ボタニカルエアカラーフォームの悪い評価の口コミや悪評などを徹底検証!

そろそろ白髪染めを使おうか悩みますが、薬剤の独特な鼻につくツーンとした臭いが苦手でして、またヘアカラーと同様に頭皮へのダメージも相当なものだと聞いているので、あと少し増えてもっと目立つようになってきたら、いよいよ白髪染めデビューをしてみようかなとか思いつつ謎のプライドで現在踏み留まっています。実際に白髪染めをしている母親が身近にいるのですが、美容院で綺麗に染めたところで一か月も経つとまるで河童のように白髪と黒髪の境界線ができてしまうので、そういうのを見てしまうと定期的なメンテナンスが必要で大変なんだろうなと感じてしまいます。

また、月に一度頭皮にダメージを与えるのを取るか、今のままで徐々に白髪の勢力が増してくるのをおとなしく待つかも、大変悩ましい問題ですね。ピンポイントで白髪を染められるような白髪染めがあれば塗りたいですが、そういうものがあるのかどうかもそろそろ探さないといけないのかなと思うほど、白髪には困らせられる今日この頃です。

若白髪の悩み

白髪の悩みって男女ともにたくさんあると思います。

その中でも「若白髪」について自身の経験も含めて記入していきたいと思います。私は現在30代の男性です

評判通りに染まる?ボタニカルエアカラーフォームの本音の口コミを徹底レポート!

中学生くらいから白髪が少しずつ目立ち始めました。はじめはそこまで気にしなかったのですが。男子中学生だと短髪にすることも多く集中的に生えてしまうと目立ってしまうことが多くなり、思春期ということも相まって悩まされました。

インターネットやテレビで白髪が減る記事を見て試したりもしましたが正直減ることはありませんでした。

大学時代にもなると髪もそれなりに伸びてきてそれだけでカバーできたり、単純に髪を染めて目立ちにくくすることができるようになりました。

社会人になってからは黒髪が基本となり大学時代とは逆にしっかりと染めないと目立ってしまうことが多くなってしまいます。そのため社会人としての身だしなみもかねて月に一回は必ず散髪にいくこと。さらに二か月に一回は美容室にて染髪をしてもらうことを自身のローテーションとすることで

白髪の悩みからは解放されました。あまりにも放置してしまうとやはり見た目にもきれいではないので短い髪は保ちつつ、適度な黒髪を維持していくことが自身の白髪への極端なストレスを軽減させるのにも非常に役に立っています。

白髪染めのタイミングを考えることに疲れました

実父が白髪が多い髪質でした。髪の量や硬さなどが父に似ていたので、私も白髪が増えることを覚悟していました。20代後半から探すと白髪が2,3本見つかるようになってきました。その頃は白髪を見つかると宝物でも発見したような気分で、その都度抜いていました。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミと評判!

ところがいつの間にか、抜いても追いつかないくらい白髪が増えて、30代後半にはお洒落で髪を染めるというよりは白髪をごまかすために染めるようになりました。そして、40代になると白髪を染めなければ恥ずかしいというほど白髪が増えてきました。一度染めて安心しても、2週間くらいたつと根元が白くなってきて憂鬱な気持ちになります。頻繁に白髪染めをするには金銭的にも時間的にももったいないという思いがあるので、スケジュールを見ながら白髪染めのタイミングをはかっています。

帽子をかぶっても差し支えない予定は、帽子をかぶってやり過ごしています。それ以外の予定ではギリギリの日に白髪染めをして、なるべく次の予定まで染め直さなくていいようにしています。節約をして自分で染めることもありますが、美容院で染める方が綺麗に染まり、生え際の白髪が目立つまでの期間が長い気がします。

今の夢は、いつか白髪を染めなくても堂々と人前にさらせるようになることですが、40代後半の私にとっては、まだまだ、先のことのように思います。シルバーへアーの芸能人が増えてきましたが、自然な感じで老け込んだ印象はありません。私もそのようなスタイルを目指せて、肌の手入れなど老け込まない努力をしていきたいと思っています。