ダイエットにインスリンはとても大事

ダイエットに大事なこととして、実はインスリンがあります。http://www.sam-grenoble.com/

このインスリンの値を下げることによって、ダイエットがしやすくなります。

これは体脂肪の蓄積を抑えることが期待できるからです。そもそも体脂肪が増える理由としてブドウ糖を体脂肪として蓄えてしまうから、ということがあります。まず、そもそも食べた炭水化物などがブドウ糖として体内に吸収されていきます。それによって血糖値が上がるわけです。そして、血液中に余ったブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンの働きによって、筋肉と肝臓のグリコーゲンという形で蓄えられていきます。

ここまではよいのですが、そうしたことをしてもまだまだブドウ糖が余ってしまっていると中性脂肪として蓄えられます。これが太る理由であるわけです。

インスリンの働きを多少鈍くすると言うか、炭水化物を入れないことによって多少なりともインスリンの働きを遅くするということができたりするのでそれによってダイエット効果が期待できるということもあるわけです。これは原理から行っても正しいでしょうし効果があるのではないかなと自分では思っています。こうした考え方によってダイエットを行っていく、ということはとてもよさそうです。

口臭について、いつも気にかけよう。

学習塾を経営しております。講師として、口臭は、気にしています。ブレスマイルウォッシュの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

間近で、子供達に説明をしたり、読んであげたりすることがよくあるからです。食事の後は、必ず、歯磨きをするようにしています。また、食事の後、気になる時は、ブレスケアを食べるようにしています。また、虫歯の治療は、完璧にするようにしています。

塾生の中に、とても口臭のきつい子供が、います。聞いてみると、虫歯を放置している子供です。

また、昼食に食べた給食のメニューによっては、みんな同じ口臭のことが、あります。学校で、歯磨きをしていない学校の子供達です。学校の方針で、食事の後、歯磨きをする子供達は、口臭は、あまり、気になりません。歯の治療を放置する家庭が、少なくなったので、今は、あまりそういう子供に遭遇しませんが、虫歯を放置して、歯が膿んで、身体全体から、臭う子供が、かつていたことが、ありました。

また、ベーってした時に、舌が、白くて、臭う子供もいました。舌に苔のようなものが、はえていて、それが、臭っているようです。舌を磨くのは、大人も子供も大事だと思います。ひどくなると、味覚にも影響するからです。専用の磨くものもありますが、ささっと歯ブラシでかくだけでも、効果が、あると思います。

肌荒れで悩んだら皮膚科へgo

長年肌荒れに悩んできた私の体験談です。私は超敏感肌で化粧品が合わなかったのか、生理前でホルモンが乱れたのか原因はわかりません。市販の薬を付けても敏感肌用の化粧品を使用しても肌荒れが改善することはありませんでした。http://www.o-toku2007.com/

新型コロナウイルスの流行によりマスクをつけるようになってからは特に口周りの肌荒れがひどくなり、困り果てた私は皮膚科に行くことをきめました。

初めはあまり期待はしていませんでした。きっとニキビの治療薬を出されて終わりだろうなって。

「長期間続けるつもりがあるなら使い使い続けることで肌がツルツルになる薬あるよ。」医師の言葉に私は「そんな薬あったの!?」と驚きましたが、望みがあるならと使ってみることにしました。

使い始めはかゆみや赤み、カサつきなどの副作用があるとのこと。

私も肌が赤くなり、乾燥から皮が剥けたりと副作用が出ましたが、しばらくすると症状は落ち着き、ひどかった肌荒れも治まっていました。

症状が治ってもしばらくは使い続けるようにという指示でしたので、従って使い続けてみると、なんとびっくり、ほとんど肌荒れをしなくなったのです!!

周りからも「肌綺麗になったね!」と言われるようになりました。

肌荒れで悩んでいる人がいたら、是非一度皮膚科を受診してみて欲しいです。

マスクと肌荒れ、そこからおこるニキビ

現在、新型コロナウイルス流行により、マスクをつける生活が当たり前となっています。
私はコロナが流行る前はほぼマスクをつけることがない生活を送っていました。

http://www.griffin-premium.com/

コロナが流行り、周りがマスクをつけ始め、私もつけるようになりました。

日常からつけていると耳が痛くなるかな?くらいにしかマスクのリスクを考えていませんでした。
実際にマスクをつける生活が始まり、3カ月。
最初に違和感に気づいたのは同棲しているパートナーから「頬のあたりが少し乾燥で白くなってるよ」と言われたことでした。
今まで乾燥とは無縁の生活を送っていた私でしたが、人生初、顔に乾燥ができ始めました。
そこからはすごく早かったです。頬を中心に肌荒れが起こり始めました。

それでも美容関連に疎い私は対処を行いませんでした。
ついに肌荒れどころではなく、ニキビだらけの頬になってしまいました。
こんなにニキビができたのは中学校の成長期以来かもしれません。
さすがにまずいと思った私はネットを使い、対処法を調べ、美容液購入を決意しました。

パートナーが既に使用していたため、美容液について教えてもらい、購入しました。
現在は毎日朝晩、美容液を使用するようにしています。
そういった生活が1カ月ほど続き、私の頬にあったニキビが激減。

壊滅!とまではいきませんが、かなり状態はよくなりました。
今はまだマスクによる肌荒れがない方も、前もって予防し、マスクによる肌荒れやニキビを予防すべき時が来ているかもしれません。

剛毛はつらいよ、、、

 皆さんの髪質は柔らかいですか?それとも硬いですか?人それぞれいろいろな髪質があると思います。ちなみに私の髪質は硬いです。それに加え毛量が多く、毛の一本一本が太くしっかりしています。いわゆる剛毛ってやつです。

ノ・アルフレはマツキヨやドンキなどで購入可能?私の口コミをこっそりご報告!

 私が剛毛と自覚し始めたのは高校3年生の秋辺りからです。それまで剛毛という自覚がなかったのには理由があります。小学生時代は髪型などに興味がなく、何でもいいやという感じでした。

そのため、自分の剛毛には気づきませんでした。中学生、高校生時代は野球部に所属していたため、髪型はずっと坊主でした。自分の髪質が分かる長さまで伸ばしていなかったために剛毛とは気づきませんでした。

剛毛だと気づくきかっかけとなったのが高校3年生の秋頃でした。なぜこのタイミングで気づいたかといいますと、その年の夏に野球部を引退し髪の毛を伸ばし始めました。2か月ほど髪の毛を伸ばすと、周りの人よりも髪の毛が立っているなと感じ始めます。さらに髪の毛の量や太さも感じるようになり、ここで自分自身が剛毛であることに気づかされました。

 ここからは、剛毛であることによる苦労を話したいと思います。大学生になると色気づいて整髪料を付け始めました。美容院でカットしてすぐのうちはよかったのですが、伸びて毛量が多くなってくると整髪料を使っても髪の毛が言うことを聞きません。本当はもっと毛先を遊ばせるような髪型にしたかったのですが諦めました。そして今ではずっと短髪で落ち着いています。

 いまだに、柔らかいさらさらヘアに憧れることはありますが、やはり今の短髪が一番良いと感じています。やはり人それぞれ憧れの髪質や髪型があると思いますが、自分の髪質に逆らわない髪型が一番良いと私は思います。